in , ,

おすすめのフォーム営業代行会社7選とメリット・デメリット

フォーム営業代行とは、企業が営業活動を外部に委託し、お問い合わせフォームを活用して新規顧客の獲得や商談のアポイントを行うサービスです。近年、インターネットの普及とともに、多くの企業がフォーム営業代行を活用して効率的な営業活動を実現しています。本記事では、初心者でも理解しやすいように、フォーム営業代行の概要やおすすめの代行会社、そのメリット・デメリットについて詳しく解説します。

フォーム営業代行とは

本記事の目的

フォーム営業代行とは、企業が営業活動を外部に委託し、お問い合わせフォームを活用して新規顧客の獲得や商談のアポイントを行うサービスです。近年、インターネットの普及とともに、多くの企業がフォーム営業代行を活用して効率的な営業活動を実現しています。本記事では、初心者でも理解しやすいように、フォーム営業代行の概要やおすすめの代行会社、そのメリット・デメリットについて詳しく解説します。

おすすめのフォーム営業代行会社の紹介(7社)


SakuSaku(サクサク)

  1. SakuSaku(サクサク)
    SakuSakuは手作業で高品質なリスト作成や営業文面の代行を行う会社です。営業リストの作成に時間をかけずに効率的な営業活動を進めることができます。例えば、あなたがITソリューションを提供する会社であれば、SakuSakuはその業界に特化したリストを作成し、関連する企業に対して営業活動を行います。このように、リストの質を高めることで成果の向上が期待できます。
https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQvzkiMY9K10R1M_Z3Y5AkmvMIJFMO8-ROBUg&usqp=CAU

No Title

No Description

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQvzkiMY9K10R1M_Z3Y5AkmvMIJFMO8-ROBUg&usqp=CAU

アイランドブレイン

  1. アイランドブレイン アイランドブレインは完全成功報酬の営業代行サービスを提供しています。つまり、成果が出なければ報酬を支払わなくても良いため、安心して利用することができます。アイランドブレインは、顧客のニーズに合わせて営業文面やフォームの作成を行い、高い成約率を実現します。成功報酬型の代行サービスは、リスクを抑えながら営業活動を進めたい方におすすめです。

No Title

No Description

テイクウェーブ

  1. テイクウェーブ テイクウェーブは送付結果のレポート付きのフォーム営業代行を行っています。送付したメールや文書の反応結果を詳細に把握することができ、改善点を見つけるのに役立ちます。例えば、テイクウェーブが送信したメールの開封率やクリック率、反応のなかった企業のリストを提供してくれます。これにより、営業活動の効果を数値化し、改善策を見つけることができます。

No Title

No Description

https://takewave.net/

KAITAK(カイタク)

No Title

No Description

https://kaitak-sales.com/

KAITAK(カイタク) KAITAKは高額ですが、徹底したリストの厳選が魅力の営業代行会社です。質の高いリストを使用することで、効果的な営業活動が可能となります。例えば、KAITAKはビジネス向けSNSや業界団体のデータベースからリストを作成し、特定のターゲットに絞った営業活動を行います。これにより、関心を持つ見込み顧客にアプローチしやすくなります。

リードハンター

No Title

No Description

https://defacto-com.net/lead-hunter/

リードハンターは200万を超える営業リストを保有している代行会社です。幅広い業界やニーズに対応しており、多様な顧客にアプローチすることができます。例えば、リードハンターは複数のデータベースを統合し、幅広い業種や地域に関連するリストを提供します。これにより、多角的な営業活動が可能となり、顧客の幅を広げることができます。

WEBAPO(ウェブアポ)

No Title

No Description

https://agent-network.com/webapo/

WEBAPO(ウェブアポ) WEBAPOは追電から商談設定まで、幅広いフォーム営業業務を対応しています。煩雑なタスクを代行することで、営業担当者の負担を軽減し効率的な営業活動を実現します。例えば、WEBAPOは電話やメールでの追跡を行い、興味を持った見込み顧客に商談の設定を行います。これにより、迅速かつ的確な営業活動を行うことができます。

ContactDM

No Title

No Description

https://www.econos.jp/

ContactDM(コンタクトDM) ContactDMはリスト作成からフォーム営業までの一貫したサービスを提供しています。リストの作成から営業までを一元管理することで、効果的な営業活動を実現します。例えば、ContactDMはCRMシステムを活用して顧客情報を管理し、営業担当者が効率的にフォーム営業を行える環境を提供します。これにより、スムーズな営業活動が可能となります。

問い合わせフォーム営業のメリット

フォーム営業代行を利用することには以下のようなメリットがあります。

  1. 短期間で多くの会社に営業できる: フォーム営業代行は一度の送信で複数の企業にアプローチすることができます。手作業での個別の営業活動に比べて、効率的かつ迅速な営業展開が可能です。
  2. アポイントの確率が高い: お問い合わせフォームを通じて興味を示した企業は、既にニーズや関心を持っている可能性が高いです。そのため、営業マンが直接アプローチするよりもアポイントの確率が高まります。
  3. 営業マンの人件費を削減できる: フォーム営業代行を利用することで、営業マンの人件費を削減することができます。代行会社がフォームへの入力や送信などのタスクを担当するため、営業担当者は他の重要な業務に集中することができます。

問い合わせフォーム営業代行のデメリット

一方、フォーム営業代行には以下のようなデメリットもあります。

  1. 営業リストの作成に時間がかかる: フォーム営業を行うためには、興味を持ちそうな企業のリストを作成する必要があります。リスト作成には時間と労力がかかるため、事前の準備に工数がかかることがあります。
  2. フォームへの入力や送信に時間がかかる: フォーム営業では、大量のフォームへの入力や送信作業が必要です。手作業で行う場合、時間がかかる上にミスのリスクもあります。代行ツールを利用することで作業を効率化できますが、それでも時間はかかることに留意しましょう。
  3. フォーム営業ツールは営業お断りのフォームにも送信する危険性あり: フォーム営業ツールを使用する際には、営業お断りのフォームや重複送信対策などに注意が必要です。誤って営業対象外の企業に送信してしまうと、信頼関係を損ねる可能性があります。

お問い合わせフォーム営業の自動化のすすめと重要性

お問い合わせフォーム営業を自動化することは、現代のビジネス環境において非常に重要な戦略です。自動化は、時間の節約、生産性の向上、一貫性の確保などの利点をもたらし、企業の営業活動を効率化します。本記事では、お問い合わせフォーム営業の自動化がなぜ重要であるかを詳しく解説します。

1. 時間の節約と生産性の向上

お問い合わせフォーム営業を自動化する最も明確な理由は、時間と生産性の節約です。手動で大量のフォームへの入力や送信を行う場合、膨大な時間と労力が必要となります。しかし、自動化ツールやソフトウェアを使用することで、これらの作業を効率化し、営業担当者がより重要な業務に集中できるようになります。自動化によって時間の節約が可能になるため、営業活動全体の生産性が向上し、結果的にビジネスの成果も改善されます。

リードダイナミクス(https://lead-dynamics.com/)は完全にAIが送信処理を行う為、短時間で数千社に一斉にアプローチができます。

AIを使うことで大幅な時間短縮になります。

人力で1000件送ろうと思うと工数が大幅にかかります。短時間で一気に1000社送るのは到底、人の力では難しいですし、もし送信担当の方が病気などで会社を休職した場合は送信ができません。

予約送信を活用しAIに任せることで、送信担当が寝坊しても、欠席しても定刻になれば送信処理が自動で開始されます。

※一件一件、手作業で送る必要はありません。 AIが送信作業を代行してくれます。

左の図が人力でフォーム営業した際にかかる時間や送れる件数です。それと比較して右側がリードダイナミクスを使って送信した際の時間と送信件数です。 AIを使うことで効率よくアプローチが可能です。※1時間辺りのアプローチ数は、AIの処理時間が約20分前後かかるため、30分かかったと仮定し算出。

2、属人化からの脱却、新人の離職を防ぐ

お問い合わせフォーム営業の自動化は、一貫性の確保にも役立ちます。手動でフォームを入力する場合、人為的なミスやユーザー間のバラツキが発生する可能性があります。しかし、自動化ツールを使用することで、フォームの入力や送信プロセスが標準化され、一貫性が確保されます。これにより、顧客に対する迅速かつ正確な対応が可能となり、信頼性を高めることができます。

インターン生やクラウドワーカーさんを使って送らせておりませんか?

実はアポイントが取りやすい時間帯があります。
送信する時間帯は適切ですか?

結局フォーム営業すべき最適な時間帯はいつなの?

早速結論↓

月曜日を除く平日の午前中(8時から11時)がお勧めです。

画像

理由について

ターゲットクライアントがメールを捌く時間だからです。会社員をされた事があればわかると思いますが月曜日を除く平日の午前中は最もメールボックスを見る時間が長くなります。

なので、アポ獲得率を上げるにはその時間帯に新着メールでアプローチする必要がございます。

月曜日を除く平日の午前中に送る事によってアポの獲得率が0.5%から0.9%に変化した企業様もいらっしゃるくらいです。

新人やインターン生を使って送っている場合、離職につながる事も

この時間に1000件を処理するのは難しいでしょう。以上の理由からワーカーさんに依頼するのは安くても得策とは言えないです。

さらにこの単純作業をインターン生にやらせてる企業が存在します。。。

画像

1000件を人力で送信する場合、気の遠くなる作業ですし正直工数の無駄です。単純作業をインターン生にやらせていると離職に繋がることもあります。

・工数がかかる
・アポ率が低い
・離職に繋がる
まさに負の連鎖です。

人力で行っている企業は速やかに辞める事をお勧めします。

皆さんもお問い合わせフォームを通じて営業された経験があると思いますが人力で入力するのはとても時間がかかりますよね?
その作業を自動化してくれるのです。

3. 顧客リストの効果的な管理、同じ会社に何度も送らない機能もあり

お問い合わせフォーム営業を自動化することで、大規模な顧客リストを効果的に管理することができます。自動化ツールやCRMシステムを活用することで、顧客情報の収集や整理、分析が容易になります。顧客の属性や行動パターンの把握を通じて、ターゲットとなる顧客セグメントをより正確に特定し、パーソナライズされた営業アプローチを実施することができます。また、自動化によって顧客情報の更新や追跡も効率的に行えるため、顧客との関係を強化し、長期的なビジネス成果を生み出すことができます。

1週間以内に送信した企業がリストに存在する場合、注意喚起

画像

クレームを懸念してフォーム送信を人力でやっている方の多くの理由TOP2がこのようなケースと思いますが「リードダイナミクス」は徹底したクレーム対策をしております。ご安心ください。

同じ企業に何回も送られないように送信しようとしたリストに直近1週間以内に送信された企業が含めれている場合は注意喚起のアラートが表示されます。これで目視で確認の必要はなくなります。

ただ、テレアポと同じで以前アタックした同じリストに何度も送っては行けないルールはありませんので、時間をおいて再アタックや、別の商材を提案するなど工夫してお使い頂くと良いと思います。

更に詳しく読みたい方はこちら

4. 営業NG文言自動検知とカスタマーエクスペリエンスの向上

自動化は、迅速なフォローアップとカスタマーエクスペリエンスの向上にも寄与します。顧客がフォームを送信した直後に自動的に返信メールを送ることで、迅速な対応を実現することができます。また、自動化ツールを使用することで、顧客のフォーム入力情報を元にしたカスタマイズされた返信や提案を自動的に生成することも可能です。これにより、顧客の期待に応え、良好なカスタマーエクスペリエンスを提供することができます。

フォーム付近に「営業禁止」などの文言があった場合、AIが自動で送信除外

画像
https://lead-dynamics.com/

フォーム付近に営業禁止文言がある場合、送信除外

ごく稀にフォーム付近に「営業はご遠慮ください」など明記している企業様がおりますが、類似文言含めAIが自動で検知し送信除外しておりますのでご安心ください。

クレームを懸念してフォーム送信を人力でやっている方の多くの理由がこのようなケースと思いますが「リードダイナミクス」は徹底したクレーム対策をしております。ご安心ください。

※本サービスについて、特定の目的への適合性、商業的有用性、完全性、継続性等を含め、一切保証致しません。

NGリストに登録されている企業様は送信除外

画像

正直、すでにお取引がある企業様をNGリストとしてエクセルに登録しておき目視で確認してから送る事は時間がもったいないです。
その時間をコア業務に使いましょう!

また、複数人の営業部隊でフォーム営業をやっている場合もNGリスト管理が煩雑になってくると思います。

リードダイナミクスであれば一度NGリストに登録しておけば、NGリストへの送信を除外してくれます。
複数人でツールを使う時もリスト被りを防げます。

5. 効果的なデータ収集と分析

お問い合わせフォーム営業の自動化により、効果的なデータ収集と分析が可能になります。自動化ツールやCRMシステムは、フォーム送信時のデータや顧客の行動履歴を収集し、分析することができます。これによって、顧客のニーズや関心、購買パターンなどの洞察を得ることができます。得られたデータを活用することで、営業戦略の最適化や顧客へのターゲティングなど、より効果的なアプローチを実現できます。

おすすめの問い合わせフォーム営業自動化ツール

お問い合わせフォーム営業の自動化は、ビジネスにおいて重要な戦略です。時間の節約と生産性の向上、一貫性の確保、大規模な顧客リストの効果的な管理、迅速なフォローアップ、効果的なデータ収集と分析など、多くのメリットがあります。自動化ツールやCRMシステムの活用によって、より効率的な営業活動を実現し、顧客との関係構築やビジネス成果の向上につなげることができるでしょう。お問い合わせフォーム営業の自動化は、競争力のあるビジネス環境で成功するための重要な要素です。自動化を活用して、効率的で効果的な営業プロセスを確立しましょう。

問い合わせフォーム営業自動化ツール|リードダイナミクス

問い合わせフォーム営業はAIで自動化しましょう。リードダイナミクスは、問い合わせフォーム営業自動化ツールです。新規開拓営業における面倒な問い合わせフォーム営業をAI(機械学習)で自動化。市場に溢れた典型的なRPAなどでははありません。 …

月額3.3万から始められるAIフォームマーケティングSaas「リードダイナミクス」のご紹介です。

企業のHPのお問い合わせフォームを通じて営業活動をAIが自動でおこってくれるのです。
実質自動でアポイントが取れます。

※効果を保証するものではありません

この方法であればテレアポの苦手な私でもアポを量産できますし、何より会社としてエース社員に依存する必要もありません。

皆さんもお問い合わせフォームを通じて営業された経験があると思いますが人力で入力するのはとても時間がかかりますよね?その作業を自動化してくれるのです。

少しだけ特徴をお伝えします。

リードダイナミクスの特徴
・営業NG文言自動検知、除外
・RPAではなく純粋なAIを搭載
・送信完了にのみ課金(送信完了のみ送信可能件数から差し引きます)
・フォームに送れなかった理由を詳細に明記
・予約機能搭載
・1000件分の送信処理は約20分で完了
・ミニマムプランは月額3.3万円から利用が可能。

とても使いやすいUI/UXなのでおすすめです!是非↓問い合わせしてみてください。

最近はAI基盤もアップデートされたようです。

問い合わせフォーム営業を自動化、営業NG文言も自動検知。新規のアポはAIで取る時代、AI搭載「Lead Dynamics」の基盤を大幅アップデート

My Alarm株式会社のプレスリリース(2023年7月5日 16時28分)問い合わせフォーム営業を自動化、営業NG文言も自動検知。新規のアポはAIで取る時代、AI搭載[Lead Dynamics]の基盤を大幅アップデート

まとめ: フォーム営業を依頼してアポイントを半自動で獲得しよう

以上がフォーム営業代行会社の紹介と、フォーム営業のメリット・デメリットについての解説です。フォーム営業代行を利用することで、効率的に営業活動を進めることができます。ただし、営業リストの作成やフォームの入力・送信などには時間や労力がかかることも留意しておきましょう。

最後に、フォーム営業代行会社の選定や具体的な戦略については、各企業のニーズや業界特性に合わせて検討することが重要です。代行会社との相談やコンサルティングを活用して、最適なフォーム営業戦略を立てることをおすすめします。フォーム営業の導入により、新規顧客獲得やビジネスの成長に繋げることができるでしょう。

AIフォーム営業ツールの「リードダイナミクス」導入のメリット

57%は意思決定を済ませてLP/HPに訪れているという事実。BtoBマーケティング