in ,

フォーム営業のおすすめ文面、アポ率を上げるコツ

今日はリード獲得においてフォーム営業を導入する際のおすすめの文面についてお話しできればと思います。正直人に依存しないぶんフォーム営業では文面がとても大事です。文面でアポイント率が変わってくると行っても過言ではありません。アポ率向上になるおすすめの文面を例文をふまえてお伝えできればと思います。

絶対入れるべき3つの要素

結論下記内容は必ず入れるべきです。

・フックとなる文言

・どの部署宛の連絡なのか

・打ち合わせ日時

・アポ率が上がるtips(おまけ)

では順を追って説明していきます。

フックとなる文言を冒頭に持ってくる(とても大事)

フォーム営業ではじっくり文章を読んでくれる確率はやや低いので文章の冒頭に結論を持ってくる必要があります。

文章の冒頭で自社のためになる内容や自社で困っていることの解決になるかもしれないと思ってもらう事が最重要ポイントになります。

例1 広告運用会社の場合

広告、マーケティング担当者様へ

まずは無料診断させてください。
貴社の広告運用方法にてさらにCPAを低くする事ができる可能性があります。

お世話になります。
テスト株式会社のテスト太郎でございます。

今回、貴社の広告運用の効果を最大化させるべく、弊社の〇〇○サービスにてご支援させて頂きたくご連絡いたしました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜続き〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

例2 採用支援会社の場合

人事、採用担当者様へ

期間限定。掲載費無料「エンジニア募集メディア(仮)」のご案内
貴社エンジニア採用の母集団形成を行います!

お世話になります。
テスト株式会社のテスト太郎でございます。

本日は貴社のエンジニア・デザイナー採用を効率化させるべく弊社の〇〇○サービスにてご支援させて頂きたくご連絡いたしました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜続き〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

上記のように冒頭に「どの部署宛」で「どんなサービスで使うとどんなメリットがあるのか

これを一番初めに伝える必要があります。

さらに無料診断や無料掲載、期間限定などのフックになる文章があるとその後の文面を読んで頂ける確率がグッと上がります。

予め打ち合わせ日時3つか4つほど記載しておきましょう。

次に大事なのが打ち合わせ可能日時の候補を予め3つか4つほど提示しておきましょう。

その方が相手に負担をかけずメールのやりとりを少なく済ませる事が可能です。

例文

広告、マーケティング担当者様へ

まずは無料診断させてください。
貴社の広告運用方法にてさらにCPAを低くする事ができる可能性があります。

お世話になります。
テスト株式会社のテスト太郎でございます。

今回、貴社の広告運用の効果を最大化させるべく、弊社の〇〇○サービスにてご支援させて頂きたくご連絡いたしました。

〇〇○サービスHP https://lead-dynamics.com/
こちらオンラインでも構いませんので、30分−1時間ほどご都合の良いお時間をいただくことは可能でしょうか。

9月21日 11時から19時(内30分~1時間)
9月22日 11時から19時(内30分~1時間)
9月24日 11時から19時(内30分~1時間)
9月27日 11時から19時(内30分~1時間)


ご連絡お待ちください

こんなイメージです。
このような文面であれば受け取った側は日付けを選んで返信するだけですので手間を取らせずにすみます。

以上の事から

・フックとなる文言
・どの部署宛の連絡なのか
・打ち合わせ日時

この3つをしっかりと守りフォーム送信してみてください。

フォーム営業自動化AIツール「リードダイナミクス」のご紹介

上記をもとに訴求文を作成したら今度はいよいよフォーム送信です!

「さーみんなで送信するぞー!一人ノルマ1000件です!」なんて人力で送ろうとしておりませんか?

その必要はありません。

フォーム送信を代行してくれるAIサービスがございます。

リードダイナミクスの特徴

・営業NG文言自動検知、除外
・RPAではなく純粋なAIを搭載
・送信完了にのみ課金(送信完了のみ送信可能件数から差し引きます)
・フォームに送れなかった理由を詳細に明記
・予約機能搭載
・1000件分の送信処理は約20分で完了
・ミニマムプランは月額2.5万円から

新規アポは最短10分で取れます|フォーム営業自動化Saas「リードダイナミクス」

リードダイナミクスは、営業におけるリード獲得の成果に対し、最大限フォーカスした フォーム営業自動化ツールです。新規開拓営業における面倒な問い合わせフォーム営業をAIで自動化。市場に溢れた典型的なRPAなどでははありません。 ディープラーニング技術により、あらゆる問い合わせフォームを理解し、まるで人間が作業しているようなリアルなお問い合わせが可能です。

1000件分の送信処理は約20分で完了します。人力で送る必要もなく、予約送信機能を使えば予約セット後に放置しておけばあとはAIが全て送信処理を行なってくれます。

おすすめですので是非HPを見てみてください。

アポ率が上がるtips(おまけ)

最後にフォーム営業の効率が高まるTipsのご紹介になります。

・お問い合わせフォーム営業する際の最適な文字数は?

フォーム営業の最適な文字数とは?

フォーム営業する際の最適な時間帯は?

フォームマーケティング最適な時間帯はいつ?

ぜひこちらも参考にしてみてください。

フォーム営業の最適な文字数とは?

問い合わせフォーム営業ツールはSEO効果もある!おすすめ紹介。